行動特性


自分の行動パターン

職場(或いはある環境下)において表れている最も強い行動パターン
D主導型

反対を押し切ってでも成果を上げるタイプ
あなたの特性
* 結果を直ちに求める
* 行動を起こす
* 挑戦を受けて立つ
* 意思決定が速い
* 現状に疑問を投げかける
* 権限を求める
* トラフルにすすんで対処する
* 問題を解決する
あなたが望む環境
* 権力がある
* 威信と挑戦がある
* 自分の業績を残す機会がある
* 広範囲の業務につくことができる
* 単刀直入な答が得られる
* 昇進の機会がある
* 統制や管理に縛られない
* 多様な新しい活動を手掛ける
あなたに必要な人は
* 賛否両論を熟考する人
* リスクを計算する人
* 慎重な人
* より見通しの利く環境を創り上げる人
* 事実を調査する人
* 決める前に熟慮する人
* 他人のニーズを考慮する人
あなたがより効果的になるためには
* 難しい任務につく
* 他人の力も必要であることを認識する
* 実務経験に基づく技術をもつ
* 時折緊迫した状況に置かれる
* グループの一員としての認識をもつ
* 結論の理由を口に出して言う
* 現実的な制約があることに気づく
* 自分のペースを調整して、もっとリラックスする

職場(或いはある環境下)において表れている最も強い行動パターン
D主導型
細かなパターン分類
研究者パターン

普段の感情の状態 冷静。自制的
あなたが達成したいこと 公式な地位による権カ
人間関係や雇用における評価基準 データの使用
あなたの他人への影響力 強い意思。粘り強さ
組織内でのあなた独自の貢献 全体を見ながら細部にも注意を払う。任務を一人で、または二人一組、もしくは数人のグループで進める
過剰になるとマイナスになる要素 無愛想。人を信用しない
プレッシャーがかかった時の反応(普段自分では気付かない領域) 問題を内に抱えやすい。傷つけられたことをいつまでも覚えている
不安や恐れ(防衛を必要だと感じやすい部分) 大きな集団とのかかわりあい。抽象的なアイディアを売り込むこと
最大限に成果を上げるための方策 柔軟性。他人を受け入れる。心から人と関わり合う
客観的で分析的な研究者パターンは、冷静で現実に根ざした人です。
多くの場合は、感情を表に表わさず、設定した目標に向って静かに、そしてしっかりと独自の進路を追求していきます。
研究者パターンは、様々な面において成功を納めています。それは、多才という理由ではなく、不屈の意志によるものです。
一旦仕事に取り組むと、このパターンは、目的を達成するために、懸命に戦い通します。
この人に方向転換をさせるために、時には強引さを必要とします。
そのためにこのパターンは、頑固で主張を曲げないと思われがちです。
このパターンは、技術的に難しい仕事をうまくこなし、感情より論理を重んじます。
人にアイディアの売り込みをする時は、具体性があれば、上手にこなすことができます。
事実に基づいたデータを使い、情報を分析・解釈し結論を引き出すことができます。一人で仕事をすることを好み、人に気を使うことには興味を示しません。
無愛想で冷たいように思われます。
このパターンは、系統だったアプローチで、人をより理解するように努めることが必要です。


あなたが本来持っている最も強い行動パターン
D主導型
細かなパターン分類
タイト パターン

タイトパターンは、その人が誰にでもよくしようとしていることを表わします。
たとえば、自分一人で意思決定を早くしようとすると同時に、他の人達と協力し、人を通して仕事をしようとします。
また全ての仕事を達成しようと試みなから同時に、仕事の質も維持しようとします。
そのために、極端に行動する時期と欲求不義に陥る時期とが交互に訪れます。
「職場において最も強く表れている行動パターン」がタイトパターンの場合は、生産的行動が充分に支援・強化されておらず、仕事の優先順位について適切な指示を受けていないことを表わしています。
仕事の状況の中で、他の人が何を期待しているかを明確にすることが、問題解決の糸口になるでしょう。
「あなたが本来持っている最も強い行動パターン」がタイトパターンの場合は、人生の早い時期に、不確かな状況では人が喜ぶ行動をするように学習してきたことを表わします。
結果は、大きな努力と欲求不満の繰り返しです。
その後の学習により、このような反応は減少したでしょうが、プレッシャー下ではこの古い行動が再び出て来ます。
プレッシャーを取り除くのか、端的な方法です。
もしそれが不可能な場合は、自分の行動がこのような傾向にあることにまず気つき、それによってその行動が現在の仕事に適しているかどうかを見直すことかできます。
別の解決策は、プレッシャーにうまく対応している人の行動を見習うことです。
注釈:タイトパターンが一時的な状態によるものであるかどうかを確認するために、数日後もう一度パーソナル・プロフィール・システムに答えてみてください。
また自分を知っている人に代わりに答えてもらうこともできます。
これによって他の人がとのように自分を見ているかについての情報が得られるでしょう。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply